基本操作(データエクスポート)

 

誤操作や障害等によるデータの紛失、万が一の事態に備えて、定期的に台帳データ等のエクスポートを行ってください。

 

エクスポートが可能なデータ

▽ 台帳データ(顧客や履歴データ)

▽ 台帳設計データ(管理項目や項目配置データ)

 

台帳データ(顧客や履歴データ)

基本操作(検索)」の手順を参考に、台帳データの抽出をおこないます。

抽出後、エクスポート対象の台帳データにチェックを入れて、エクスポートボタンをクリックします。

管理しているデータすべてエクスポートする場合は、管理台帳の数分、繰り返し同様の処理を行ってください。

ファイルのエクスポート手順は、「基本操作(検索)- ファイルエクスポート」を参照してください。

 

台帳設計データ(管理項目や項目配置等のデータ)

台帳設計のデータは、出力時に暗号化され、dat形式で保存されます。

管理している台帳設計データすべてエクスポートする場合は、親台帳の数分、繰り返し同様の処理を行ってください。

 

手順1 台帳設計エクスポート

管理者サイトの [台帳設計]メニューから、台帳設計エクスポートボタンをクリックします。

 

手順2 エクスポート対象の台帳設計選択

エクスポート対象の台帳設計を選択します。

手順3 エクスポート実行

説明欄に台帳設計の内容を入力し、エクスポートボタンをクリックします。

説明欄は、入力しなくても問題ありません。

 

手順4 ファイル確認

台帳設計データがエクスポートされたか確認します。

お使いのブラウザによって、ファイルの保存方法等が異なりますので、ご注意ください。

 

printer このページをプリント

このページの先頭へ